現在のページ : ホーム

ドッグフードのタイプ

今やペットは家族の一員として大切に飼うことが当たり前になっていますが、犬を飼う上でまず気を付けなければいけないのは、何といっても食事の面です。
犬にとって必要な栄養素は足りているか、食事の量はどのくらいが適当なのかなどの初歩的な疑問から始まり、売られているドッグフードの中でどれを選べばよいのか、自分の飼い犬にぴったりなドッグフードはどれなのかなど、いまひとつはっきりとした確信が持てないまま、ドッグフードを与えている飼い主も多いと聞きます。


ここでひとつドッグフードの選び方をおさらいしてみましょう。
まずよく悩むのがドライタイプとウェットタイプのどちらを選べばよいのかということです。
ドライタイプはウェットタイプに比べると低価格で、長めの保存が可能です。
フードを与える際に扱いが楽な点も長所に挙げられるでしょう。
水分をしっかり飛ばしたドライフードは保存に必要な添加物をそれほど必要としません。
酸化防止剤が入っている場合も、近頃は自然由来のものであることが多いです。
しかしながら開封後は空気が入りにくいようにクリップで止めたり、直射日光の当たる場所には置かないなど、保存状態には気を付けるべきでしょう。


また、必ず近くに水を用意して飲めるようにします。
食いつきの良さで選ぶのならウェットタイプに軍配が上がります。
缶を開けた時の嗜好性の強いにおいは食欲をそそりますので、好き嫌いのある犬や、固いものが噛みにくいシニア犬などにはお奨めです。


災害時に水が手に入らない場合にも、ウェットタイプなら胃腸に負担を掛けることがありません。
開封したら早めに使いきることが必要です。
夏場は特に管理に注意しましょう。


▽特集
穀物を一切使っていないドッグフードの通販サイトです ⇒ ドッグフード通販サイト